So-net無料ブログ作成

紫外線ケアのための食事 [美容]

紫外線のケアをしようと思ったとき、紫外線を避けようと日傘や日焼け止めを利用することが多いでしょう。

紫外線を避けることも大切ですが、紫外線ケアのための食事についてご紹介します。

紫外線の影響によって作られる活性酸素は、健康や肌に悪影響を及ぼすものです。

外界に存在するウイルスや雑菌が体にダメージを与えようとすると、それを守るためら白血球が活性酸素を作り出します。

活性酸素により細胞がさびてしまうと、内臓や皮膚・骨などのあらゆる組織にダメージを与えます。

老化やガンや生活習慣病などにつながると言われています。

抗酸化作用のある食材で、活性酸素を効果的にブロックしましょう。

ビタミンCが紫外線ケアに役立ちます。 ビタミンCには紫外線を浴びて発生した活性酸素を除去してくれる作用があります。

レモンや果物、ダイコン、ブロッコリー等の野菜類や芋類に豊富に含まれていますので、積極的に取り入れていきましょう。

効率良くビタミンCを取り入れるためには、スープやサラダがいいでしょう。

ビタミンCは水に溶け出し加熱すると壊れるという性質を持ち合わせているためです。

ビタミンEもビタミンC同様積極的に取り入れたりものです。

紫外線ケアには欠かせない抗酸化作用がありますので、ビタミンEを多く含む植物性油脂を活用してください。

ただし、長時間放置して酸化が進んでいた食材は逆効果ですので、新鮮なものを選んで食べるようにしてください。

大事なことは、食べ物の栄養とはバランスが取れて初めて健康にいいということです。

リコピンやβカロテンも紫外線対策になりますが、偏重するものではありません。

栄養素は過剰でも欠乏していてもいいことはありませんので、体が必要としている栄養をまんべんなく摂取することが健康維持と紫外線ケアには必要です。







【新登場】月収60万円の連続入金ビジネスロト6抽選数字予想システム ロトキング
タグ:紫外線ケア
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。