So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

目の下のたるみとクマの関係 [美容]

目の下のたるみやクマの原因と考えられているのは何でしょうか。

たるみの正体は、目の回りにった脂肪の塊であるということが多いようです。

目の周囲の表情筋が弱くなったことでクマができたり筋肉を支えていられなくなってたるみます。

皮膚に黒い色が出て、目の下の肌に色がついたように見えることもあります。

目の下の脂肪の光の透過性により実際の皮膚に色素沈着が無くても黒く見えることがあるようです。

目の下の皮膚は顔の他の部分と違い非常に薄いためその下にある脂肪細胞に光が吸収されて黒く見える傾向があるのです。

黒く見える部分の皮膚を動かしてみると皮膚自体は色素沈着を起こしていないことが判るケースが多いといいます。

目の回りに脂肪が多くついている民族がアジアの北方にいて、彼らを祖先にする一部の日本人は脂肪塊が目の周りにあるともいう説も存在します。

遺伝によって目の下がたるみやすい人がいるという見方があるというわけなのです。

成人の場合、脂肪細胞の絶対数は決まっています。

脂肪細胞が肥大した状態が一般的な肥満とされ、脂肪細胞自体を減少させることは難しいと考えられます。

脂肪細胞の肥大化を抑止するためには、不要な水分や老廃物でのむくみは解消したいものです。

水分補給をこまめに行い、顔の血流やリンパの流れを向上させ、むくみの出ない顔の維持を心がけてください。

目の下のたるみやクマの解消には、ダイエットと同じく脂肪の燃焼、筋肉トレーニング、ストレッチなどが有効であるとされているのです。





『詰め込み式現金化ツール公開マニュアル』現役AV男優スパーキー佐藤が教える超早漏対策【早漏革命2010】
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。